レーシック取材日記 / 医療問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目薬の王者か、ヒアレイン?

レーシック後のドライアイ治療。
新薬なども、色々と試してきました。

ジクアス血清点眼 ムコスタ etc...

しかし!!
ドンピシャの目薬は見つからず。

ひとまず、

ドライアイ治療の長い旅を休みます

そして、個人的なことですが、アメリカに飛びますっ!

※アメリカのレーシック後遺症治療の情報などありましたら、
アップしていきますので、宜しくお願いします。




目薬は、ヒアレイン0.3%に頼ることにしました。
これまでの目薬たちも、
狙いは素晴らしいのですが、イマイチ効果を実感できず、、、。

残念っ!

ムコスタ君は、駅にて、白い液体で通行人を脅かす、
という失態を演じてくれたものの、好成績は記録できませんでしたっ!

引き続き、画期的な目薬が登場することを願いつつ、
日本を離れます!!



※ 意外に、ヒアレアイン0.1% と 0.3% の違いは大きいのでした。
 

スポンサーサイト

点眼薬【ムコスタ】

2012年、初アップです。
どうもブログ不精になりがちですが、共有したいお知らせやニュースなどはアップ続けていきますので、本年も宜しくお願いします。

さて、新しい点眼薬を試しています。
ムコスタ、という目薬↓



ヒアレインのような一回使い捨てタイプで、5滴ほど入っています。1日4回点眼します。

もともと、胃の薬として開発されたものだそうで、目の表面にもあるムチンの増加作用があります。以前ご紹介した、ジクアスに近い考え方ですね。

使用した個人的な感想ですが、点眼から乾きが不快になるまでの時間は伸びています。効果アリの期待感。

ただ、液体が白く濁っているため、点眼直後はビックリするような顔になってしまいます。牛乳が目から出ている感じです、、、。あまり人前ではさしたくたいかも?

大塚製薬の参考リンクはこちら、
http://www.otsuka.co.jp/company/release/2010/1109_01.html

試してみる価値はありです。
ご参考までに。

進化を続けるドライアイ治療!!

先日の記事で、ドライアイはつらいんだよ~と嘆いていましたが、
今回は最新ドライアイ治療+ツールをご紹介!!

以前、T先生がおっしゃってましたが、
疲れ目で悩む6割の方の原因は、なんとドライアイなんですって!

僕も一通り試していますが、
個人差もあるとは思うので興味がある方は
かかりつけのお医者さんまでお尋ねくださいませ。


1.涙点プラグ

涙点プラグ

とても画期的な治療法として注目されていますね。
僕の目には今現在も2個はまっておりますが、
実に、今回で3回目のトライでした。。。

↑図のように、目頭の端っこのほーうにある4つの穴。
普段は意識して探す人もいないと思いますが。

ぐぃーっと皮膚を引っ張ると見えるはず、穴がっ!!
はい、探してみてくださいw

シンプルに、その穴をふさいじゃえー!!という治療です。
とても単純なようですが、とっても効果的。
効果が大きい人は、ふさいだ瞬間、その日から違いを
感じることができると思います。僕はそうでした。

前回までの2回で失敗したのは、
プラグの大きさと、穴のチョイスが悪かったのでしょうか…。
今回はT先生の考えに沿って、上の穴2つをプラグっております!

すでに2週間が経過しようとしていますが、
素直におさまっております。Please stay there forever...

涙点を物理的にふさいじゃう、「涙点閉鎖」という方法もあるのですが、
逆に涙が常に溢れて困る!とか、汚れやホコリを目薬で流しだ出さないと!
といった合併症もやはりあるみたい。なので、まずはこっちを試してみては?




2.血清点眼

血清点眼

wikipediaによると、

「血液が凝固して、上澄みにできる淡黄色の液体成分のこと。
 血液の液体成分(血漿)そのものではないが、それに近いものである。」

と説明されている血清。

毒へびに咬まれたときの!?ぐらいの知識しかありませんでしたが、
実は、血清と涙の成分はとっても似ているらしいのです。

人工涙液ではなく、あなたの体から作られる
成分なので合わないよっ!!てことはないですね。

しかも、ヒアレインのように
角膜を保護、治療する効果があるようで。

さらにさらに!
本物の涙のように、ビタミンなどの成分も
含まれているそうです。

本来はシェーングレン症候群のような
重度のドライアイ患者さん向けの治療なのだそうですが、
先生いわく、レーシック後のドライアイ治療で
使用している方も、ちらほらいるらしいです。

注意!
血液から作ったものなので、ちょっとオレンジ色です。
白い服とかにはこぼさないようにしましょう。

しかし、問題は お金$$

血液を抜き取る数千円 + 一本あたり500~1000円
ex.(僕は注射に3000円 + 一本1000円でした)




3.モイスチャーエイド(眼鏡)

JINS.jpg

「目の周りをカバーして、水分が蒸発しないように+水分を与えるように
工夫してある眼鏡」(僕の定義ですが)がモイスチャーエイド眼鏡です。

最近は、オシャレ眼鏡も出ているようですね。
写真の眼鏡なんかは、着けていても周囲の目を気にしない!?
と思うのですが、どうですか?

ちなみにこちらの、JINSさんの商品。
眼鏡 ○-○ の側面のフレーム(ヨロイというそうですが)に、
水をためるポケットが付いています。

カパっとはずして、水ポケットに注水する感じ。
見えるかな? 写真の白いプラスチックの部分です。

ノドが乾いたら飲める!!? ぐらいの量はありません笑 lol

値段も4000円以下と、
普通の眼鏡と変わらない値段ですね 
 
その他のメーカーからも出ていると思うので、調べてみてください。




補足4.ジクアス

http://www.santen.co.jp/medical/new/sp04.jsp

以前紹介した、ドライアイ治療剤「ジクアス」ですが
僕にはあまり効果がないのかなぁ。。。

長期治療ですから!と先生は話していたので、
もっと時間をかけるべきなのかもしれないですが。

もうすぐ使い始めて1年になりますが、
辛いドライアイがずーっと続くのを考えると、
他の治療+ツールとあわせて、使ってみるのもいいかもですね。

また何か見つけたら、ご紹介しまっス☆☆

ドライアイが辛い季節

ドライアイになってから5回目の冬
を迎えようとしています。

、と余裕げに書いていますが、
冬になるとドライアイで本当に辛い!!

夏の湿った空気のおかげで忘れていた
不快感が強烈に瞳を襲ってきます。

ドライアイ治療用点眼薬、ジクアスを
使い始めてしばらく経ちました。が、
今年の冬も辛そうです。

ドライアイで目が痛いと集中力が下がるし、
肩こりとか頭痛も劇的に悪化します。
肩をおすと、ほら、ゴリゴリ♪ …。

ヒアレインや人工涙液、涙点プラグなど
試してきたけど、どれも期待した効果を
発揮していない。

涙点プラグは、外れさえしなければ
快適だったんだけどなぁ…。
僕の場合は、残念ながら1週間も
留まってくれませんでした。

僕の治療もまだまだ続きそうです。
治療中の方も読んでくれていると思いますが、
皆さん頑張りましょう!!

The night is long that never finds the day.
明けない夜はない。

ドライアイ治療

レーシックを受けてからすでに4年以上が経っています。
でも、ドライアイは一向に改善していません。

「合併症は、時間の経過と共に改善しますっ!」
のような自信満々の広告文言はどこから
うまれたのでしょうか、ねぇ~?

先日の飛行機では、マジ焦った!!
飛行機の機内が乾燥した環境だってことは
これまでの経験で何となく分かっていたけど、
瞳が乾きに乾く!!!

大げさな表現だけど、
目だけ砂漠に行っちゃったみたいでした。

レーシック後にドライアイになった方、
飛行機に乗る際はご注意を。

目薬など常備してご搭乗くださいませ~。

慶応病院のサイトに
現在のドライアイ治療が短くまとめられていました。
ご参考までに↓



涙液の維持に最も簡便な方法としては、眼鏡や
ゴーグルの装用です。眼表面の涙液は絶えず
蒸発していますので、それらを用いることによって
眼の周囲の湿度を保って蒸発を最小限にすることができます。

眼鏡に取り付けるサイドパネルも市販されています。
また、涙点プラグ法は、涙点と呼ばれる
涙液の排出口をシリコン製の特殊なプラグで
栓をしてしまって涙液が溜まるようにするものです。

眼表面の涙液を長時間貯留させることにより、
劇的にドライアイの症状を改善させることも可能です。
最近では、シリコン製ではなく、コラーゲン製の
涙点プラグも開発させており、その効果が期待されています。

涙点閉鎖術は、涙点プラグ法では対応できない場合に
おこなわれる外科的治療法です。
恒久的な涙液貯留効果を得ることが可能です。

(引用:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000193.html)



健康な目の方は、
「何をドライアイぐらいで!ふんっ!」
となりそうですが、重症の方は本当に辛いのです。

頭痛とか肩こりとか、
二次的な症状もあったりして…。

僕もこれまで、
目薬とか涙点プラグとか試してきました。

涙点を閉じてしまう
「涙点閉鎖術」のついて病院で聞いたときは、
「こういう方法もありますからぁ~、
 まぁ最終手段ですが…。」
という感じで紹介された覚えがあります。

どうなんでしょうねぇ…。
合併症とかやはりあるのだろうか。

泣きすぎて困ることって、、、

顔の皮膚が荒れるとか?
女子だとお化粧崩れが気になるとか??
ヒューマンドラマ映画館で恥ずかしいとか???

真剣な話、
長期的に合併症もあるかも。

iphoneとか長い時間みると、疲れるだろうし。

主治医に聞いてみようかな…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。