レーシック取材日記 / 医療問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会問題になる?ならない?

レーシックの問題を、自分の「体と目」で体験していると、
この問題には感情的になりやすいです。

もちろん、自分の問題なんだから当然でしょうか…。

でも、冷静に問題を見つめること、
何が必要なのかを考えることも必要だと思います。

熱した鉄は、放っておけば冷めてしまいますから。


「世界は雑音でいっぱいです。」

色んな人が、色んなことを叫んでます。
みなさん問題の当事者です。

外にハッキリと届く音は、他とは何が違うのでしょう。
大きい? 尖った? 高い? 
どんな音なんでしょうか。


患者の方と話していると、
「自分と同じようなレーシック患者を増やしたくない!」
と話す方が多いように感じます。

とっても温かい心を持っている方たちだなぁと感心します。
自分たちも、とっても苦労しているのに。


皆さんの思い、痛みを無駄にしちゃいけないと、
改めて思う、今日この頃です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。