レーシック取材日記 / 医療問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年後のニッポン医療

今年も残り僅かになってしまいました 汗)

仕事の忙しさにかまけて、やるべきことが
全然達成できなかった、正直、心残りな一年でした。

日本医療事故被害報告会(JaMER)の
具体的実現をはじめ、その他の個人ドキュメンタリー作品も
本格的に「起動する」来年にしたいと考えています。

タイトルに書いた「10年後の医療」ですが、
一体どうなっているのでしょうか?

僕は、36歳。
親は、、、生きていれば介護が必要な年齢かな。

先日、医療事故の被害者の集まりで、
「10年後の医療」について話し合いになりました。

これまで、医療事故のことで闘ってきた先輩方にとって、
僕のような20代が関心をもって、行動にうつしている
というのは、とても印象的に、そして魅力的に映るようです。

改めて実感しましたが、
20代の人たちにとって医療のことって、なかなか関心を
持たないテーマだと思います。

病気で身体が大変にっ!?なんて年齢ではないし、
親もまだまだ現役世代でしょう。

でも、医療が必要になる、50代や60代という年齢になって
「あっ、これって大変な問題なんだ!」と気付くのでは
本当に遅いんです。

実際、行動を社会に反映させるには、莫大な時間がかかる。

レーシック問題の当事者にならなければ、
僕自身も(身内に医療従事者がいるにもかかわらず)
関心を持つことのなかったテーマだと思います。

若い世代にも届く声で、
関心を持ってもらうように、今後も制作活動を
続けていこうと思っています。

皆さま、良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。