FC2ブログ
 

レーシック取材日記 / 医療問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライアイ治療

レーシックを受けてからすでに4年以上が経っています。
でも、ドライアイは一向に改善していません。

「合併症は、時間の経過と共に改善しますっ!」
のような自信満々の広告文言はどこから
うまれたのでしょうか、ねぇ~?

先日の飛行機では、マジ焦った!!
飛行機の機内が乾燥した環境だってことは
これまでの経験で何となく分かっていたけど、
瞳が乾きに乾く!!!

大げさな表現だけど、
目だけ砂漠に行っちゃったみたいでした。

レーシック後にドライアイになった方、
飛行機に乗る際はご注意を。

目薬など常備してご搭乗くださいませ~。

慶応病院のサイトに
現在のドライアイ治療が短くまとめられていました。
ご参考までに↓



涙液の維持に最も簡便な方法としては、眼鏡や
ゴーグルの装用です。眼表面の涙液は絶えず
蒸発していますので、それらを用いることによって
眼の周囲の湿度を保って蒸発を最小限にすることができます。

眼鏡に取り付けるサイドパネルも市販されています。
また、涙点プラグ法は、涙点と呼ばれる
涙液の排出口をシリコン製の特殊なプラグで
栓をしてしまって涙液が溜まるようにするものです。

眼表面の涙液を長時間貯留させることにより、
劇的にドライアイの症状を改善させることも可能です。
最近では、シリコン製ではなく、コラーゲン製の
涙点プラグも開発させており、その効果が期待されています。

涙点閉鎖術は、涙点プラグ法では対応できない場合に
おこなわれる外科的治療法です。
恒久的な涙液貯留効果を得ることが可能です。

(引用:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000193.html)



健康な目の方は、
「何をドライアイぐらいで!ふんっ!」
となりそうですが、重症の方は本当に辛いのです。

頭痛とか肩こりとか、
二次的な症状もあったりして…。

僕もこれまで、
目薬とか涙点プラグとか試してきました。

涙点を閉じてしまう
「涙点閉鎖術」のついて病院で聞いたときは、
「こういう方法もありますからぁ~、
 まぁ最終手段ですが…。」
という感じで紹介された覚えがあります。

どうなんでしょうねぇ…。
合併症とかやはりあるのだろうか。

泣きすぎて困ることって、、、

顔の皮膚が荒れるとか?
女子だとお化粧崩れが気になるとか??
ヒューマンドラマ映画館で恥ずかしいとか???

真剣な話、
長期的に合併症もあるかも。

iphoneとか長い時間みると、疲れるだろうし。

主治医に聞いてみようかな…。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。