レーシック取材日記 / 医療問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオン

先週の金曜日に南青山アイクリニック、
明日は東京歯科大学病院を受診する。

南青山アイクリニックで宣告された新事実。
品川で受けた手術でレーザーの中心がズレていたらしい…
もともと瞳孔径が平均より大きいという私の眼。
レーザーが上方にズレた為、瞳孔の範囲内で削れていない
部分が瞳孔の下部にあるという。
そして、それが不正乱視の一つの原因ではないかという。

やりきれない思いでいっぱいになった。

2年前、品川で手術を受けていなければ…
平均より瞳孔が大きいと知っていれば、それなりに対応も
心の準備も出来たと思う。

後になって、ボロボロでてくる事実。

ただ、追加矯正の望みが少しでてきた。
レーザーの中心がズレて、削れていない部分を
カスタムレーザーで削る事が出来るという。
南青山ではレーザーの範囲と結果を予測する
シュミレーションも備わっているらしい。
よっぽど品川より信頼のおける対応だと思った。

シュミレーションの結果がでるのは2週間後。
それまで、サンピロという瞳孔を縮める目薬を
使っている。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。