レーシック取材日記 / 医療問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編フィルム製作中!

視力障害を煩ったのが2007年9月11日。
すでに、5年以上の時間が経っています。

レーシックの取材を始めてから、
これまで、色々な体験をさせてもらいました。

他の患者さんたちと出会い、彼らの話しを聞くと、
いつも勇気づけられました。

再手術に踏み切る決断も、かなちゃんや神田さんが
いなかったら出来ていなかったと思います。

NYに来てから、半年が経過しています。

色々と悩んだ結果、自分の体験を映画にまとめています。

レーシックに関することだけではなく、
視力障害とビジョンに向き合うことがテーマです。

ニュースとしてレーシック問題を扱うことも
将来的にあるかもしれませんが、まずは、これを第一歩にしたいです。

自分を被写体に選ぶことには、いつも抵抗がありましたが、
自分の体験を語ることで、誰かを勇気づけることもできると考えています。

映画、完成したら報告します!
乞うご期待!!

IMG_0454.jpg

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-06-20 (Thu) 08:48 [編集 ]


Re: ブログ読みました

Yugaoさん

メールありがとうございます。
私も、治療の途中は一喜一憂ありましたが、周りの人たちの助けもあり
なんとかここまでこぎつけることができました。

失ったものは大きいと思いますが、障害にも向き合っていくことで、
新たな発見や、人生の意味を見いだすことも可能だと信じています。

アメリカにきて驚いたのは、レーシック難民の多さでした。
そのうち、きちんと形にして世に問いたいと考えております。

応援、ありがとうございます。
励みになります!

ゆうがおさんも、ご自愛くださいませ。
水上


> 私は2007年にPRKで手術を行い、過矯正で悩む難民の一人です。
> あきらめたことを境にまったく調べたり取り組んだりしてこなかったのですが、最近ようやく「レーシック難民」という言葉を知り、このブログに辿り着きました。
> 最初からすべて読みました。NYにいらっしゃるのですね。感謝と、今後の更新を楽しみにしている旨を伝えたくて書き込みます。
> 自分にとっては封印したい過去でしたが、眼も新たな症状を見せたりしていますし、向き合っていく必要がある気がしてきました。頑張ってください!!

Nori | URL | 2013-06-20 (Thu) 22:25 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。